忍者ブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
越前クラゲで ところてん。
2017年06月22日 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年12月31日 (Sun)
みんな今年一年のまとめをしているので
私も振り返ってみようかなぁと思いました。
とりあえず周りの雰囲気に便乗して生きるのがもはや自分らしさなんじゃないか
とかよくわからん正当化をしつつ、はい、いってみよー(微妙なテンション)
------

思えば高専に入ってから、私の生活は本当に部活尽くしだと思う。
だから部活のことにだけ触れます。それでも十分長くなっちゃうからさ。


まず弓道部。
中学と比べたら部活に出てる時間も半端じゃなくて、1日の4分の1は道場にいて。純粋に楽しくて弓道部へ行っていた気がする。

確かに1日手の内や離れだけやって終わり とかいうときが何日もあって
弓を見たくなかった時期はあったし、今でも時々感覚がつかめなくなる日は
道場へ行くこと自体嫌になることがしょっちゅうだけども。

でもそういうときって、たいてい誰かが支えてくれた。 それは弓道部の1年だったり先輩だったり関係ない部の先輩だったりクラスメイトだったりいろいろ。
うん、ある先輩は私の弱音を熱心に聴いてくれて、その人はほんとに聴いているだけだったんだけど、何かアドバイスをしようとしてくれてる その姿が支えになって。

弓道は一人で挑むけど一人じゃないスポーツだ ということを痛く実感しました。


次に天文部。
実は入学時に入部を考えて迷った末に判断を保留にしてた部。
だけど夏の終わり、Aヤギさんに誘われて師匠と一緒に途中から入った。
この部では全体的に人の温かさに触れることができたように思います。

まず師匠とは同じ弓道部だったわりに、天文部に入ってから話すようになった。
この部に入らなかったら今も師匠とはあまり話してなかったかも。

で、先輩方はというと人間的によくできた人ばかりで、
途中入部とかいう半端な存在の私たちにもみんな優しくて。定例でも文化祭でも研究でも学校外でも何かしら気にかけてもらえるのが嬉しかった。

多分来年のほうがもっと迷惑かけるんじゃないかな…とか今から不安ですが;
あのメンバーならなんでも乗り越えちゃいそうな気がします。



てな感じでしたね。
どちらの部でも、多くの人と関わって助けてもらった印象が強い。
今年1年は人に感謝感謝な年でした。

というわけで来年は自分が他の人を助けられるような
そんな人間になれるように努力したいと思います。
みなさん今年1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

よいお年を!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.175No.176No.177No.178No.179No.180No.181No.182No.183No.184No.185
profile
名前:風瀬(フセ)
誕生:1990.09.11
生態: ・高専生
    ・弓道部
    ・天文部

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
シチュー引きずり回し


クリックするとビーフシチューに変わります。
最新コメント
[12/11 sjmybavrmz]
[12/08 oqlsjlztwp]
[12/08 xpsffktzgv]
[12/08 sxpdohteep]
[12/08 ccowwepfar]
ブログ内検索