忍者ブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
越前クラゲで ところてん。
2017年06月26日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年01月01日 (Sun)
弓道部の方針・練習形式を変えることはいいことだと思います。
上を目指すっていう部内の意識を根本から向上させることで
初めて部全体が強いものになるっていうのはどんな部活でも一緒だと思うしね

しかし、的中率で順位を決めるって聞いたとき、ちょっと引っかかった。

的中率だけで決める…のか

いや他に順位の付け方なんてないから構わないんだけど。

…ってことはあれだ。
ひどい射型でも中てれば上位にいられるってことなんだよね。
HAYAKEだってBチームに入れることになるんだよね
(※あぁ、ちなみに某A羽さんは真面目にやろうと思えば
HAYAKEなんてすぐ直せる人だから今ここで引き合いに出すつもりはないよ)

でもそうなると自分が射型にこだわる理由がなんだか薄れてしまう気がする
先輩やアライさんはいい射型からいい射が生まれると言うし
私もそう思ってずっと2年生や4年生の射型の見取り稽古?をしてきたつもりだけど


的中だけを考え始めたら そりゃあ強くはなるだろうさ。
でも、それって必ずしも『上手い』わけではないよね


真面目に言っちゃうと、私が目指すのはI田さんみたいに揺るがない精神、素晴らしい射型、それに伴った的中が三位一体になった弓道。
ただそれに行き着いて定着するの(これ重要)は5年間では無理だから、
どこかで妥協してどれかの道を諦めなきゃいけないんだけど。

あの日。S原さんに言われたこと。
【お前は射型がきれい。満点(今は弓手が変わったからそう言ってもらえるかわからない)。
だけどその射型を維持しようとするなら高校生のうちは中らないことを覚悟しな。
中てようと思うなら今の射型を多少なりとも変える必要があるから。
でも、きれいなままでいようとしていれば悪くない代わりに進歩もないと思うよ】

私は、正直そのとき中てたいと思った。
でも、唯一褒められている射型を崩すのにも抵抗があった。
射型と的中 どちらかを諦めろと言われて、結局どっちを取るのか未だに私は決めていない。

最後まで悩みを聴いてくれたフセヤさんは焦るなって何度も言ってくれた。
でも立や大会では的中が全てなんだとコーイチさんは言うんだよ。
あの人は私の最初の指導者。基礎を築いてくれた人で。
PR
2006年09月15日 (Fri)
---
すがりついた言葉にさえ
頼ることはもうできない

救いを求めた孤高の片鱗
ただ浮かんでは沈んでく

いずれ消え逝く一羽根が
どこかで誓いを紡ぐまで
---

なんだか全てにおいて自信なくなってきた。
弓道でも勉強でも、私はどこかで必ず妥協する。
それが自分なんだと認めても、受け入れてくれるモノはないものね。

月射、月射。
今の気分で的前に立っても袴を着ても
きっと的には中らない。

明日はきっと死にそうな顔して弓を引いてるんだろうなぁ
ジョンとチュンについていくのはやめておこう。
2006年09月19日 (Tue)
---
ただそれは諦めでしかなく
ただそれは失望でしかない

振り切る事実について回る真実は
あまりに過酷で悲惨な現実

結局自分は何もできずに
断崖の底を眺めて立ち尽くす

落ちたくない、
墜ちたくない、
堕ちたくない。

そう叫んでいるくせに
未だ私は避けている
誰もが通る 道さえも
---

いや、プリントやりまくってたらなんか基数Aに馴染んできました。
このノリで、明日はジャビーに勝とうぜ自分。化学も忘れずに。
2006年09月27日 (Wed)
あぁあ情報処理基礎、ジグちょっと張り切りすぎちゃったんじゃないですか?

まずプログラミングは紙にするものじゃないからさ。筆記させられてもできるわけがないよ。なんだよ、Printを?で代用できるなんて言ってなかったじゃないか。

言い訳ですごめんなさい。

いやしかし情報処理でジャビー引っかかるとか有り得ない。やっちまった感バリバリで切なすぎるよ。あれか、前日に漫画読むなってお告げか。

まぁ、もう終わったしいいや。


今日はテスト終わって10時から部活行って、11時に抜けて病院行って、またリターンして部活行って立出て何本か引いて、エレクトーンのため帰宅。

うん、なんつーか、1年初の皆中が出たら、自分はその皆中出した人を妬んじゃうんじゃないかって思ってたんだけど。素直に感動できた。マジで良かったと思う。
師匠本当におめでとう!!
他人祝ってないで自分がんばれって声が聞こえなくもないけどね。


とりあえず最近、I田さんが2年生の他の人に比べてしっかり見て!!指導してくれてることに一人で感動。誰かに褒められたいと思うと私は伸びる人間だから、
その『誰か』をI田さんに設定してみようと思います。…何言ってんだろ自分。
2006年09月28日 (Thu)
現在昼休み。メインブログがちょっと引きこもり気味でも、うちのパソコンに対人恐怖症の兆しが見えても、私は携帯で仮のブログへ懸命に更新。


化学と基数Bがご帰還です。このあとには世界史が。逃げたい衝動最高潮。
今のところジャビり教科はありません。とりあえず「前期の成績がよろしくなかった人」にも呼ばれませんでした。一安心。でも、不出来だったことに変わりはなく。


今日は先生が液体窒素を「もったいないから」と言って床にぶっかけまくっていったり、後期になったからって基数Bの担当がシゲキさんからリンポンへ、という異例の途中交代になったり。来年には帰ってくるけど。シゲキさんカムバック。


1 2 3 4 5 6  →Next
profile
名前:風瀬(フセ)
誕生:1990.09.11
生態: ・高専生
    ・弓道部
    ・天文部

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
シチュー引きずり回し


クリックするとビーフシチューに変わります。
最新コメント
[12/11 sjmybavrmz]
[12/08 oqlsjlztwp]
[12/08 xpsffktzgv]
[12/08 sxpdohteep]
[12/08 ccowwepfar]
ブログ内検索